30歳を過ぎてからの妊娠の方法

 

“妊娠する方法”
こんな方法があれば、子どもが出来なくて悩んでいる人にとっては最高の発見といえるでしょうね。
実際、社会環境の変化によって、なかなか妊娠できない女性が増えてきているそうです。

 

テレビや新聞などでも、初出産の高齢化が進んでいるなんてニュースを見かけたりしますよね。
初出産の高齢化が進んでいるそうですが、それでも子どもが出来る人はまだましです。
子どもが欲しくて、妊娠するためにいろいろ努力をしているのに、なかなか子どもが出来ない、子宝に恵まれない、そういう方が本当に増えています。

 

結婚してしばらくしても子どもが出来ないと、自分は本当に妊娠できるのか?子どもを授かることができるのか?と不安になってきますよね?
親兄弟や周りなどからも子どもを急かされますし、それが逆にプレッシャーになり、不妊の原因にになったりします。

 

「わたしだって、子供が欲しい!」

 

「好きで子供ができない、妊娠しないわけじゃない!」

 

と声を上げて言いたくもなるでしょう!

 

実際問題、簡単に妊娠できる方法があればいいのでしょうが、情報ばかりが氾濫して、何が本当に正しいのか判断するのも難しくなっています。

 

自然に妊娠できるのが一番いいのですが、場合によっては病院に通い、不妊治療を受けるという選択肢を選ぶ必要もあります。
そんなときに、何を参考にすればいいのか?どんな病院にいけばいいのか?病院に行かず自然妊娠する方法はないのか?などいろいろな悩みや不安があると思います。

 

このサイトでは、そういった妊娠の方法、不妊症の治療などに関する情報を紹介していきたいと思います。

 

30代での不妊治療

30代の妊娠力アップ

結婚してしばらくは、夫婦二人の時間を十分に楽しんで、それから赤ちゃんを!なんてことで、そろそろ赤ちゃん欲しいなぁ〜と妊活をはじめたけれど、なかなか授からない!

 

気がつけば30代になって、あれよあれよという間に30代後半に。。。

 

周りからも、「赤ちゃんはまだ?」なんてことを言われ始め、もしかして“不妊?”なんてことが頭をよぎる!

 

妊娠する確率って、単純には比較とかって出来ないんですが、一般的に避妊をしないで子作りを行うと3ヶ月で60%12ヶ月で80%の方が妊娠していくんだそうです。
もし、普通に妊活しているのに、半年経っても、1年たっても妊娠できない、赤ちゃんを授かれない!ということであれば、まずはクリニックで不妊症などの検査を受けてみましょう!

 

もちろん、不妊といってもいろいろな原因があるので、検査をして治療をしたからといって100%妊娠できるというモノではありませんが、年齢を重ねるにつれて、妊娠力というのは衰えてきます。
最近は、卵子の老化なんて言われ方もしますが、卵子もだんだん衰えてくるので40歳代になってくると妊娠できる確率は不妊治療などを行っても、かなり下がってきてしまいます。

 

30代からの妊活!妊娠力アップさせる体作り

30代に限ったことではないのですが、産める体作りというのはやはり意識したほうが良さそうです。
もし、そろそろ赤ちゃんが欲しい!と思って、妊活をスタートさせるのであれば、次のようなポイントに気をつけてみましょう!

 

 

基礎体温を測って自分の体調、月のリズムを知る

 

体の冷えを予防、改善

 

食生活を見直して、妊娠し易いカラダに

 

適度な運動で代謝アップとストレス発散

 

規則正しい生活と十分な睡眠

 

 

正直、どれも当たり前のことといえば当たり前のことなのですが、妊娠力をアップするには、こういう当たり前のことを当たり前にこつこつ行っていくことが大事なんですよね!